献身会について

献身会とは

私たち献身会は、高齢者及び障害者の福祉の増進を図ることを目的とし、次の事業を行っています。

◎病院入院の際の身元保証支援事業
◎高齢者施設入居の際の身元保証事業
◎高齢者住宅入居の際の身元保証事業

法人による身元保証人として、常に中立性を保ちながら、福祉・医療・行政関係者、及び各種専門家・法律家と協力し高齢者・障害者の方をサポートすることを使命としています。

身元保証について

高齢者の方が病院に入院したり、施設や賃貸住宅に入居する際に、多くの場合「身元保証人」や「身元引受人」が必要となります。
次のような様々なご事情により、身元保証人等を立てることが出来ないといったケースが増えています。

身寄りがなく一人暮らしの方、子供のいないご夫婦。
親族はいるが、疎遠又は遠方のため頼みにくい。
身元保証人を2名以上求められて困っている。
なってくれる人はいるが、その方もご高齢であるなど何らかの事情で不安。
もともと身元保証人がいたが、既に他界している。

身元保証人の役割とは?
緊急連絡先の受託、入退院または入居退去時に必要な手続きの支援、日常生活における手続きの支援、医療費の精算事務等の対応をすることです。

ご家族の代わりに身元保証

少子高齢化や核家族が進み、人間関係が希薄になる中、身元保証人を頼む側も、頼まれる側も、大変困難な時代を迎えています。また、個人に身元保証人をお願する場合、その方も高齢で先に他界したり、引っ越しして遠方に行く等の可能性もあり、実質的に無保証状態と同じ形式的な保証人となってしまう恐れがあります。

こうした問題を解決する立場として、私たち献身会が法人による身元保証を引き受け、ご家族に代わってサポート致します。

法人として支援することにより、身元保証の継続性が確保され、より安定した保証を受けることができます。